タクシードライバー

タクシードライバーに必要なもの

ドライバーの仕事は世の中にたくさんありますが、その中でも代表的なものがタクシードライバーです。街などで頻繁に見かけるタクシーですが、いざ自分がタクシードライバーとして働きたいと思った時、何が必要なのか、どの会社を選んだらいいのかわからないという疑問も出てくることでしょう。全く何も知らないでタクシードライバーを目指すよりも、事前にタクシードライバーについて知識を吸収してからの方が仕事をスムーズにはじめることができるはずです。まず、タクシードライバーとなるためには、最も一般的な免許である普通自動車第一種免許が必要です。しかし、これだけではタクシードライバーの業務を行うことができません。お客さんを乗せて事業を行う場合は、「二種免許」が必要になります。

タクシードライバーの求人の選び方

タクシードライバーになれれば会社はどこでもいい何て思ってはいけません。会社によっては、事故補償がない、劣悪な職場環境によって人間関係が悪いということも考えられます。また、タクシードライバーのほとんどが歩合制を採用していますが、歩合率は会社によって変わってきます。歩合率が低いと、結果が出せない時にずっと給料が低いということになってしまうので気をつけなければなりません。

普通自動車第一種免許しか取得していなくても、ほとんどのタクシー会社では二種免許を取得するための養成制度があります。しかし、会社によってはこの免許の取得を全額負担してくれるところもあれば、費用が月々の給料から天引きされる、免許取得期間中に日当が支払われるなど、待遇は様々です。タクシー会社の求人では、後悔しないように様々な側面から自分に合っているものを選ぶことが大切でしょう。

運転手の募集をする際、一般的求人サイトと転職サイトを利用する場合に分かれます。一般的サイトは初心者も集まり、人材の幅は広がりますが、即戦力を求めるなら転職専門を利用する方が育成の手間と費用が省けます。