送迎ドライバー

送迎ドライバーとはどんな仕事

車を運転するのが大好きな人は、運転を仕事にすることで楽しみながら業務に励むことができます。配送トラックやタクシードライバー、バスの運転手など、車を使った仕事はたくさんありますが、その中に送迎ドライバーというものがあります。送迎ドライバーとは、デイサービス(通所介護)などの施設を利用する人の送り迎えを行う運転手のことです。施設が遠くて通うのが困難な人や、足が不自由なお年寄りの方を車で迎えにいったり、施設から帰るお年寄りの方を家まで送っていったりするのが、送迎ドライバーの仕事です。送迎ドライバーは、お年寄りの車の乗り降りの介助、車いすの上げ下ろしなどの介護士の仕事と、車を運転するドライバーの仕事を同時に行うことができます。

送迎ドライバーに必要なもの

当たり前ですが、車を運転するには運転免許が必要です。安全に運転するためには、運転に必要とされる知識や技術がなければなりません。送迎ドライバーは大切なお年寄りの命を預かる仕事なので、なおさらでしょう。介護施設の送迎ドライバーの場合、普通自動車免許で大丈夫ですが、より多くの人を乗せられる中型二種免許や大型免許を取得しておけば、就職の際の選択肢を広げることができるはずです。また、送迎ドライバーの仕事は介護施設を利用するお客さんを乗せるので、責任感や人と接するためのコミュニケーション能力も必要となります。超高齢化社会により送迎ドライバーの需要や重要性は高まる一方なので、送迎ドライバーになればたくさんの人の力になることができるでしょう。

配送業の多忙さからドライバーの募集は近年増えていますが、応募の際に注意したいのは必要な免許の種類です。普通免許のみで応募可能な場合もあれば、二種免許や大型免許が必要な場合もあります。