ドライバーの種類

一口にドライバーといっても、その種類は様々にあり、勤務時間や、取るべき資格が違ってきます。ここでは、その中で、タクシードライバー、バスドライバー、教育機関や福祉施設などへの送迎ドライバーについてお話します。

タクシードライバー

ドライバーの仕事は世の中にたくさんありますが、その中でも代表的なものがタクシードライバーです。街などで頻繁に見かけるタクシーですが、いざ自分がタクシードライバーとして働きたいと思った時、何が必要な…

バスドライバー

バスドライバーの仕事は、乗客を目的地まで安全に輸送することです。これは、路線バスそして高速バス並びに送迎バスに限らず共通することです。従って、バスドライバーの仕事に就くのであれば安全に対する意識を…

送迎ドライバー

車を運転するのが大好きな人は、運転を仕事にすることで楽しみながら業務に励むことができます。配送トラックやタクシードライバー、バスの運転手など、車を使った仕事はたくさんありますが、その中に送迎ドライ…

ドライバーの求人応募に向いているのは、運転が好きな人や真面目にコツコツと作業を出来る人です。取引先とのやり取りもあるので、コミュニケーション能力がある事も望まれます。

ドライバーの労働条件

勤務時間や休日休暇はどうなっているか?

意外ときちんと休みが取れる

ドライバーと一言で言っても、様々な仕事内容がありますが、その中でも多くの求人情報があるのがタクシードライバーやトラックの運転手です。この手のタイプの求人情報はインターネットの求人情報サイトをチェックしてみると、たくさんあることが良くわかります。働けばそれなりのお給料をもらうことができますが、求人を探すにあたり、気になるのが休日のことです。ドライバーの仕事はかなり大変だと思っている人もいますが、曜日はともかくとして週に二日程度の休みは取得できるのが一般的です。完全土日休みという仕事はなかなか難しいですが、平日と土曜日とか、平日と日曜日とかをうまく組み合わせることにより、連休で休みを取得することも可能です。

勤務時間が気になるところ

休みは週に二日程度休めるとして、勤務時間を気にする人も少なくありません。トラックドライバーでも、タクシードライバーでも、深夜時間帯に車を走らせることもあります。夜が苦手という人にとってはかなり厳しい条件かもしれませんが、特に夜遅い時間の勤務でも問題ない人にとっては魅力的な仕事と言えます。夜遅い時間に勤務するということは、その分昼間の時間帯は自由な時間を設けることができます。夜型人間の人にとってはそれなりにお給料ももらうことができて、かつ昼間は自分の自由な時間が、会社員などに比べると多いです。また、夜の時間帯に仕事をすれば、その分、翌朝から次の日の昼まで仕事が休みだったりすることもあるので、かなり自由な時間を楽しめるでしょう。